スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メトロが影響受けてるかもしれない作品群 その1

メトロが影響を受けてる映画や漫画について、ちょこちょこ書いていく予定。


第一回は映画『ローズレッド』です。


『ローズレッド』(『スティーブン・キングのローズレッド』 2002年/米)

大学教授のジョイスは、自身の研究テーマのために呪われた屋敷ローズレッドを調査する機会を得る。彼女は不思議な能力を持つメンバーを集め、周囲の反対を押し切り、封印されていたローズレッド邸に足を踏み入れるが...


モダンホラー。
『metropolice』を作るきっかけになった作品です。
たまたま受験勉強中にWOWOWで放映されていて流し見したのが出会い。
その後ずっと気になっていて、ようやくTSUTAYAで発見、即レンタルしました。
昔からオカルト物は好きだったのですが、これで完全に火がついた感じ。
調べてみたらネット上での評判はまぁまぁといったところだったんですが、永織は海外のホラー作品でこれが一番好きです。
色んな超能力者が事件解決のために協力し合うというシチュエーションに、相当燃えました。
主人公(っぽい人)がかなりの曲者だったり、それぞれのキャラも相当立ってます。

ただ、滅茶苦茶長いです。(確か4時間以上あった気が...)
初めて見たときは連作ドラマだと思って見てました。
永織は別に長いからってだれたりしない人なのですが、見る人によっては辛いかもしれないですね。
そういえば今大人気の「bones」の主人公も出演しているんですが...
まぁ気になる人は見てみてください(笑)


ちなみに永織はスティーブン・キング大好きです。
当たり外れがでかすぎるのがちょっとあれですけど...

テーマ : 同人活動日記
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。